若い女性にも薄毛が広がっているのは、髪の毛にとって過酷な生活環境にヘアケアが追いついていないからだと考えられます。カラーやエクステなど髪の毛に手を加えるのが好きな女性だと特に、その後のケアまで丁寧にしなければ髪の傷みは加速していきます。

スキンケアに加えてヘアケアまで徹底するのは苦労しますが、ダメージを防ぎ、補修するという考え方はスキンケアと大きな違いはありません。ヘアケアの基本を学べば習慣づけるのは簡単なので、まずは間違ったやり方から正していきましょう。

■乾燥や紫外線から髪の毛を守る
傷んだ髪の毛の補修に取り組む前に、まずその原因から取り除くとヘアケア効果も見違えてきます。肌に紫外線や乾燥が悪影響をおよぼすのと同じことで、髪の毛も一見わかりにくくても、刺激によるダメージが蓄積し続けているのです。頭皮をガシガシと力を入れて洗ったり、ドライヤーの熱風を当てすぎないのはもちろん、頭皮や髪の毛へのUV対策と保湿も日中から欠かさず実践しているのが、将来の髪の命運を分けるでしょう。

女性の薄毛は毎日のヘアケアで解決できるのか?

■間違ったヘアケアをしていませんか?
髪の毛の洗い方やドライヤーの使い方ひとつでも、誤ったやり方が毎日続けられると自分から薄毛を助長しているようなものです。育毛剤や美容液などのスペシャルケアを取り入れる前に、今まで続けてきたヘアケアを見なおさなければ、思ったほど効果は得られないでしょう。

ヘアケアの知識はちょっと調べれば誰でもすぐにコツが分かりますが、そのすべてが正しい知識との保証はありません。髪質によっては避けたほうが良いケアもあるし、発信者の知識不足ということもあります。良いと思って実践していたのにさらに悪い状況に陥り、解決するためにさらに他の方法を試す・・・という風に、ヘアケアの袋小路に迷い込むのです。

師r場獲れば調べるほど何が正しいのかわからなくなりますが、不要なものから削っていく考え方をすれば少なくとも深刻なダメージを自分から与える失敗は犯しません。

引用文※薄毛 病院 http://hsclinic.jp/cont/ladyusuge/

■ヘアケアグッズのすべてが良いとは限らない
櫛やドライヤーといったヘアケア用品にこだわる方は、「高いから良いものに違いない!」と妄信的に何でもかんでも試してはいないでしょうか?頭皮洗浄用の電動ブラシやクレンジングといった商品も売上を伸ばしていますが、自分の手を使って丁寧に洗っていればそれらの必要性は決して高くありません。

逆に、過剰に頭皮や毛穴に刺激を与えて薄毛を悪化させかねない危険性も孕んでいるので、ヘアケアに手間やお金をかけ過ぎるのも考えものです。ノンシリコンシャンプーもその一例で、スカルプ系商品にも刺激の強い成分が全く入っていない保証は絶対的には存在しません。

かといって、いつも使うヘアケアグッズも安物や適当に選んだものばかり使っていると丁寧なケアが出来ず、髪が傷みやすいのも事実です。安さや使い勝手はもちろんですが、「この素材や成分は実際に髪の毛にどんな影響をおよぼすのか?」まで細かく下調べをしてから、納得できた商品だけを購入しましょう。

市場には試さずにはいられないようなオシャレ感を演出したり、髪に良さそうなイメージを効果的に宣伝している商品がひしめいています。しかしそういった宣伝ばかりに注目していると、自分にとって本当に必要なヘアケアを判断する基準に狂いが生じやすいのも事実です。

女性の薄毛の悩みを気軽に相談できるクリニック等で、一度個別に向いていてるヘアケアを教えてもらっておくと、徒に惑わされなくなるでしょう。